【七五三】父親の服装はカジュアルorフォーマルでどちらが良い?

もうすぐ七五三シーズンの到来ですね。七五三のシーズンは色々と忙しくなってしまうものですが、お子さんの着物だけではなく、父親や母親の服装もきちんとしたものを選ばなければなりません。お子さんの服装が注目されがちですが、両親の服装も周りからはしっかりと見られているものです。

今回は、そんな七五三における両親の服装の中で、特に「父親の服装」に着目して、知識をまとめていきます。父親の服装はカジュアルでも大丈夫なのか?フォーマルの服装を選んだほうが良いのか?といった知識を確認していきますよ。

では、はじめていきましょう。

 

 

七五三の父親の服装-基本と注意点-

まずは、七五三における父親の服装の基本的な部分と注意点をまとめていきます。まずは、基本的な部分をまとめていきましょう。


POINT

七五三の父親の服装-基本と注意点-

  1. 子供の服装より下の格を選ぶ
  2. 両親の格は揃える

これが、七五三の服装における、基本的な部分と注意点となります。

 

①子供の服装よりも下の格を選ぶ

まず、基本的な部分として、子供の服装よりも下の格の服装を選ばなければなりません。「格って何?」と疑問を持つ方もいると思いますが、簡単に言うと、「主役の子供に一番かしこまった服装をさせてね」ということです。服装の格について、細かく説明すると非常に複雑になるので、今回は省略します。下記の力関係を参考にしてください。

  • 子供が和服>スーツ全般OK
  • 子供がスーツ>ビジネス・カジュアル

 

まず、一番無難な選び方としては、子供を和装にしておくこと。基本的に七五三のお子さんの服装は和服ですから、お父さんはスーツであれば何でもOKです。これは、和装>洋装の格の関係性が影響しています。

迷うパターンとしては、子供が洋装(スーツ)の場合だと思います。この場合、子供のスーツが一番格上になるように、両親は「ビジネススーツ」などのカジュアルまで格を落とさなければなりません。この後にも解説しますが、基本的にビジネススーツを選んでおけば大丈夫ですよ。

 

②両親の格を揃える

続いて、両親の格を揃えることについて。これも、きちんと説明するとどんどん複雑になっていくため、例を交えて簡単に説明します。子供が和服の場合、両親は洋装でOKとお話しました。ここで、格の関係が出てきます。以下の「マナー違反な例」をご覧ください。


<格が揃っていない例>

  • 母親がスーツ
  • 父親がカジュアル

これが、ダメな例です。母親がスーツスタイルであるにも関わらず、父親がカジュアルを選んでしまうと、両親に格の差が生まれてしまいます。もし、母親がスーツスタイルなら、父親もビジネススーツを選ぶようにしましょう。では、これらのポイントを踏まえて、七五三における父親の服装は、どんなものがよいのか?の具体例をまとめていきましょう。

母親が和装の場合

お母さんが和装を選ぶこともあるでしょう。この場合、父親がビジネススーツだと格が揃いません。母親が和装を選んだ場合は、父親はブラックフォーマルを選ぶようにしてください。

 

 

七五三の父親の服装-具体例編-

では、ここまでの内容を踏まえて、具体例を紹介していきましょう。ここからは、わかりやすく2つに分岐をしていきます。先程例にも出したとおり、「子供が和装」の場合と「子供が洋装」の場合を分けて例を提示していきますよ。

まずは、子供が和装の場合を想定していきましょう。

 

子供が和装の場合の父親の服装例

子供が和装の場合、先程解説したポイントだと「スーツであれば何でもOK」とお話しました。実際、持っているスーツであれば、何でも対応可能となります。

ただ、七五三はきちんとした行事です。基本的に、こういった式典のような場面では、なるべくきっちりとした服装をしているほうが評価が高いといえます。そのため「ブラックフォーマル」のスーツがおすすめです。

一般的には、礼服と呼ばれるブラックフォーマル。こちらならば、母親が和装でも対応できるため、全体的なバランスも取りやすくなります。ちなみに、ネクタイは画像のような「白」でなくとも大丈夫です。ブラックフォーマルでも、ネクタイの色や柄は自由となっています。

七五三はしっかりとした行事であることに加え、子供のお祝い事でもありますよね。そのため、ネクタイの色は明るいものを選んでみると良いでしょう。また柄については、ボックスチェック柄などがおすすめです。

↑こういったドット柄のネクタイも可能。ネクタイだけはお好みで選んで良いと思います。

 

子供が洋装の場合

子供が洋装の場合は、「ブラックフォーマル」のスーツはNG。ブラックフォーマルを選ぶと、子供と同格の服装になってしまうため、「子供よりも下の格の服装」のルールに違反してしまいます。

では、具体的に父親はどんな服装を選べばよいのか。こちらは、「ビジネススーツ」が一番楽でしょう。所有率も高いですからね。

↑ビジネススーツの例としては、このような形になります。こちらもネクタイは自由。お祝い事なので、少し明るい色を選んでください。

 

他にも、カジュアルまで格を下げても大丈夫です。例えば、ビジネスカジュアルを選ぶのもOK。

↑子供よりも格下の服装、親の服装の格を揃えるという条件を満たしていれば、以外に制約は少ないです。

 

ネクタイは自由というけれど….

ネクタイは自由だとお話しましたが、黒や白、無地のネクタイは避けたほうが良いでしょう。七五三の華やかな印象にそぐわないと判断されたり、「地味だな」と思われることもあります。ネクタイ自由とはいえ、少し柄が入ったものを選んでくださいね。

 

もし、フォーマルスーツやこういった場面で使えるようなスーツがない場合は、最近流行している「Suit Ya」で、高品質なオーダーメイドスーツが作れます。オーダーメイドスーツは憧れでもありますから、興味のある方は作ってみても良いと思いますよ。

【Suit ya】
オーダースーツをネットで注文|すべて29800円、追加費用なし

まとめ

今回は、七五三の父親の服装について、解説を加えていきました。七五三の父親の服装は、

  • 子供よりも格が下のもの
  • 両親の格を揃えておく

この2つのポイントを重点的に守れば、ビジネスカジュアルのように自由な雰囲気の服装でもOKです。制約が多いように見えて、以外に少ない点を頭に入れておきましょう。