【七五三】髪の毛が少ない3歳の子でもできる!女の子の髪型例を紹介

七五三は子育ての節目の行事になります。せっかくの大事な行事なので、なるべくお子さんを華やかな印象にしたいですよね。例えば、七五三の写真は親族への挨拶にも使う、重要なものですから、しっかりとお子さんが映えるように、コーディネートしてあげたいところでしょう。さて、今回はお子さんの印象を決める「髪型」のお話をしていきます。

髪型は全体の印象を決める非常に重要なパーツです。しかし、3歳前後の子供には、まだまだ毛量が少ない子がいます。そういったお子さんでも、可愛く全体の印象が決められるように、髪型のスタイリング例と対策を紹介していきます。では、はじめていきましょう。

 

髪の毛が少ない3歳ごろの髪型対策を紹介

まずは、髪の毛が少ない、3歳頃の髪型を上手にアレンジする方法を紹介していきます。まずは、下記のポイント欄を御覧ください。


POINT

髪の毛が少ない女の子のヘアアレンジ

  • ピンや髪飾りなどを駆使する
  • ヘアアイロンで巻いてあげる
  • つけ毛をつける

髪の毛が少ない女の子のヘアアレンジには、以上のような対策をすれば華やかな印象に仕上がります。では、それぞれの方法について、スタイリング例などを見ながら、解説をしていきます。

 

ピンや花飾りを使って華やかにする

髪の毛が少ない子は、色々といじるよりも「一点ものの大きな花飾り」などが非常に映えます。まずは、ヘアアレンジを見ていきます。

こちらの女の子は、おかっぱのヘアスタイルに、大きめの髪飾りを付けるという方法で華やかな印象を作っています。七五三は特別だからといって、色々と髪をいじるより、こういった「アイテム」での特別感の出し方のほうが、簡単で良いです。また、もともとの素材を活かしているという点で、こちらのほうが可愛く見えますね。

こちらは、花飾りのヘアアレンジです。花飾りを頭にのせて、特別感を演出していますね。このように、髪を綺麗に整えた後、大きめの花飾りで目を引く方法は、髪の毛の少ない3歳のお子さんのヘアスタイルで、一番オススメの方法でしょう。

こういったヘアアレンジのアイテムは、以下のようなピンで止めるだけの髪飾りカチューシャなどを選ぶと失敗しません。

↑ピンで止めるタイプの髪飾り。簡単で髪の毛が少なくても止めることができる

↑カチューシャは髪の毛が少なくとも付けることができるため、おすすめになります。

 

 

ヘアアイロン等で巻くスタイル

大きめの髪飾りを使うスタイリング方法よりは少し難易度が上がりますが、ヘアアイロンを使って巻く方法もあります。まずは、スタイリング例から見ていきましょう。

こちら、髪の毛をヘアアイロンで巻くことで、ボリューム感を出しています。ふわふわとした髪型は、非常に評判が良く「特別感」も出るため、非常におすすめです。画像のスタイリングでは、ヘアアイロンでボリュームを増やした後、ピンなどを使用し、形を決めるスタイリングになります。

こちらは、ヘアアイロンで毛先を巻き、ツインテールにするという髪型です。花飾りなどもつけ、非常に華やかですね。

先程の「髪飾りを1つ使うスタイリング」の進化版として、「内巻きボブ」という髪型もおすすめです。こちらは、内巻きにした髪型に、大きめの髪飾りを使って華やかな印象にしています。着物との相性も考えた髪型を意識するとうまくいくでしょう。

 

つけ毛を付ける

最後の方法としては、「つけ毛」を付ける髪型になります。こちらは、最終段階でしょう。どうしてもうまくスタイリングができない場合は、ウィッグを使って髪型を作っていきます。

こちらは、商品紹介のようになってしまい申し訳ないのですが、楽天でキッズ部門1位を獲得した商品。髪の毛をお団子にして、その周りにつけ毛を付けるだけで、上のような華やかな髪型を作ることが可能になります。

まずは、お団子状に髪型をセットします。なんと、そのお団子の周りにウィッグを巻きつけるだけでOK。画像にもある通り、ワイヤーが入っているため、固定が簡単になります。これを巻きつけると、どれだけ違うのか?と言いますと、イカの画像を見ればわかりやすいでしょう。

かなり印象が違いますよね。これならば、髪の毛が少ない3歳頃の女の子でも、少し大人っぽい印象を出すことができます。つけ毛を付けるというヘアアレンジは、意外な盲点です。もし、どうしても髪型が決まらない!というお子さんには、ウィッグをおすすめしますよ!下記リンクから購入可能です。

ウィッグ 部分ウィッグ キッズ 七五三 つけ毛 エクステウィッグ ワイヤーウィッグ ポイントウィッグ 和装 人気ランキング常連 ランキング1位 お団子ウィッグ まとめ髪 ヘアアレンジ  【楽ギフ_包装】
 

3歳頃の女の子のスタイリング例

ここまではスタイリング例を見ながら、対策を3つ紹介しました。上の方法で、上手にヘアアレンジをしてみてください。ここからは、もう少し例を増やして、紹介する形を取っていきます。

こちらは、今までの例よりもかなりスタイリングしてある髪型になります。トップは三つ編みを作り、後ろ髪はアイロンで巻き、華やかさを出しています。大きなリボンも非常に存在感があり良いですね。

 

こちらは、ツインテールを作り、装飾付きのゴムで縛る髪型。こういったゴム+装飾品のアイテムは非常に使い勝手が良いため、おすすめします。

 

こちらは、髪の毛が少ない女の子の髪型例になります。後ろ髪はアイロンで巻き、かわいいゴムで縛っています。また、アップスタイル風にし、一点ものの大きな髪飾りを使っているスタイリング例になります。やはり、髪の毛が少ない女の子は、上手にスタイリングのアイテムを使うことで、可愛い髪型に仕上がりますね。

こちらの女の子も、まだまだ髪の毛が少ない時期。しかし、様々な髪飾りを使って、非常に華やかな印象を持ちます。注目すべきポイントとしては、髪飾りの色になります。着物とあわせて、白と赤の2色のみを採用。非常にセンスが良く、統一感があるスタイリングになっています。こういった小物使いでも、個性を表現することができるため、おすすめですよ。

 

まとめ

今回は、髪の毛の少ない3歳頃の女の子のスタイリング例を紹介していきました。髪の毛の少ない時期は、髪飾りやヘアアイロンを使って工夫をすることで、一気に華やかな印象になります。また、つけ毛などを使うことで、一気に大人っぽい印象にすることも可能。数少ないお祝いの行事なので、華やかにスタイリングしてあげましょう。