【七五三】3歳の男の子&5歳の女の子は七五三をしないほうがよい?

もうすぐ七五三シーズンですね!子育ての1つの節目でもある、七五三。お子さんのお祝い事でもありますので、きちんと行っていきたいですよね。しかし、七五三には様々な風習や決まり事があることにも、目を向けておかなければなりません。

今回は、そんな七五三のマナーのうち、「七五三の年齢」について解説を加えます。七五三の行事を3歳と7歳の男の子がやるのはおかしいことなのか。5歳の女の子は七五三の行事をやらないのか。今回は、こういった疑問について、解説を加えていきますよ。

では、はじめていきましょう。

 

 

七五三をする年齢とは?

これは、基本的な文化になりますが、本来の女の子は3歳・7歳に七五三を行い、男の子は5歳に七五三を行うということが一般的な風習になっています。それぞれの年齢で、七五三には名称がついており、その文化に現在も従う形で行っていくわけですね。

3歳 髪置きの儀
5歳 袴儀
7歳 帯解きの儀

3歳は女の子が髪を伸ばす年齢として「髪置きの儀」を。5歳は、男の子がはじめて袴を着る年齢として「袴儀」を。7歳は女の子がはじめて大人の「着物と丸帯」を付ける、「帯解きの儀」をすることが由来となっています。この由来から、3歳と7歳は女の子が、5歳は男の子が七五三をすることが一般的になっているわけですね。

 

 

男の子は3歳と7歳で七五三をやらないのか?

では、上記の風習に該当しない「3歳の男の子」や「7歳の男の子」は七五三をやってはいけないのか?という疑問が生まれてくると思います。こちらは、実は「地域差」や「家族」の中に、見解の差が生じています。

男の子が七五三の行事をするのは、「5歳のみ」という考え方が一般的となっています。多くの家庭で「男の子の七五三は5歳だけ!」というケースが多いです。しかし、地域によっては、3歳の男の子も七五三の行事を行うケースも存在します。実は、3歳の「髪置きの儀」は男の子もやっていたという記録があるため、地域によっては「男の子の七五三は3歳と5歳」というところもあるのです。

また、家族間で、「男の子でも3歳の七五三をやる」と決めているところもあるため、相談も重要になってきます。もし、3歳の男の子の七五三をやるのか?で迷った場合は、祖父母に聞いてみるとよいでしょう。また、地域間での風習もありますから、周囲の反応も参考にしてみると良いですね。

 

5歳の女の子は七五三をやらない?

続いて、5歳の女の子の七五三について解説をしていきましょう。こちらも、一般的には女の子の七五三は3歳と7歳だけという文化が浸透しているため、5歳の七五三はやらないという地域が多いです。

しかし、こちらも地域差や家族間での違いが生じています。特に、女の子に関しては、3歳・5歳・7歳すべての年齢で七五三を行うケースも存在しているため、七五三で着物を着せてあげたい!と考えている方は、5歳の女の子でも七五三の行事を行っても大丈夫でしょう。ただし、あらかじめ祖父母に話を通しておくことは忘れないようにしてください。「なんで5歳なのに七五三をしているの?」と怒られることもありますからね。

5歳の女の子は、一番喜んで着物を着てくれる時期です。3歳のときに着た着物が使えるパターンが多く、お金もそこまでかからないことが多くなっています。

ただ、もし3歳のときに着物をレンタルして、手元に着物が残っていない場合は注意が必要になります。5歳の女の子用の着物をレンタルしている業者は少ないため、着物のレンタルに手こずってしまう可能性もあるのです。もし、5歳の女の子の七五三をする場合は、早めに準備をしておくことが重要になります。

 

まとめると…

基本的に、七五三の行事は3歳・5歳・7歳ですべてやってもOK。特に、女の子の場合は3歳・5歳・7歳全てで七五三の行事を行うという家庭もあるそうです。

ただ、男の子の場合、昔からの慣習なのか3歳と7歳で七五三の行事をする家庭は少ない傾向にあります。

このあたりは、家庭内でよく相談をして決めていくと良いでしょう。

 

【おまけ】2017年の七五三の年齢とは?

七五三は「数え年」で行う家庭が多くなっています。数え年とは、「生まれた日を1歳」として年齢を数えるということ。現代では、「生まれた日を0歳」として年齢を数える「満年齢」で年齢を数えるやり方が一般的ですよね。

七五三は数え年で行う家庭が多いとお話しましたが、基本的に七五三は「数え年」でも「満年齢」でもどちらでもOK。これは家庭内での方針や家庭の都合でも変わってきます。

例えば、喪中期間では七五三のお祝いを大々的に行うことはできません。もし、お子さんが数え年の時に、喪中期間である場合は、満年齢で七五三を行っても全く問題は無いということです。

では、2017年で、いつ生まれたお子さんが七五三を行うのか。表形式で見ていきましょう。

 


生まれ年からみた七五三【2017年】

数え年の場合 満年齢の場合
3歳 2011年(平成23年) 2010年(平成22年)
5歳 2013年(平成25年) 2012年(平成24年)
7歳 2015年(平成27年) 2014年(平成26年)

 

以上の生まれ年のお子さんが、七五三の対象となります!


 

まとめ

今回は、3歳と7歳の男の子は七五三の行事をやらないのか?5歳の女の子は七五三の行事をやらないのか?という部分について、一般的な知識と見解をまとめていきました。

基本的に、七五三の行事はすべての年齢で行ってもOKです。ただ、家族内できちんと話し合って決めるようにしてくださいね!