【七五三】母親のスーツを選ぶ3つのポイント!色やマナーの注意点も解説

七五三は子育ての中で、非常に重要な節目となる行事だと思います。せっかくの晴れ舞台ですから、家族全員できちんと祝いたいところ。そこで、よく疑問になる「七五三の母親の服装」です。着物やスーツ、ワンピースなど、様々な選択肢が出てくる七五三の服装。今回は、その中でも「スーツ」選びのポイントを解説していきます。

七五三用のスーツには、どんな選び方があるのか。何かマナーは存在するのか。どんな色を選べばよいのか。このような疑問がたくさん出てくると思います。今回は、スーツ選びのポイントやよく出る疑問を解説。また、具体的にどんなスーツを選ぶべきなのか!を解説していきます。

では、はじめていきましょう。

 

【七五三】母親のスーツ選びの3つのポイントを解説

では、早速本題に入ります。母親のスーツ選びの3つのポイントを解説していきましょう。まずは、以下のポイントを御覧ください。


POINT

母親のスーツ選びのポイント

  1. 主役はだれかを考える
  2. 両親のバランスを意識する
  3. 母親らしい「品」のある装いに

母親のスーツ選びのポイントとして、以上の3つを抑えていきましょう。こちらは、どの服装を選んだとしても、抑えておくべきポイントになります。着物にせよ、ワンピースにせよ、上のポイントは適応されますので、基本的なマナーとしてしっかりと抑えておいてください。

では、これらの項目の詳細な部分を解説していきます。

 

①主役はだれかを考える

まずは、七五三の主役はだれなのか?をきちんと理解していきましょう。七五三の主役は親ではありません。子供なのです。やはり、子供よりも目立つ服装では、だれが主役なのかがわからなくなってしまいますよね。親はとにかく目立たず、子供が映えるような服装にしていきます。具体的な例を挙げていきましょう。

こちら、白に近いベージュのスーツを選ばれています。女の子の着物が非常に映えて見えますよね。こういった、子供の服装を引き立たせるようなスーツを選ぶことで、母親らしい「上品さ」も表現することができます。ただし、地味な格好をしなければならない、というわけではありません。画像を見ると、ネックレスで華やかさを表現していたり、普段はしないような髪型をすることで、特別感も出しています。ポイント③でもお話しますが、「品」と「華」のバランスを上手に取っていきましょう!

 

②両親のバランスを意識する

続いては、両親のバランスを意識するという部分です。両親の服装のバランスとは、色だけではありません。七五三の服装におけるマナーの部分になりますが、「格」を意識しましょう。こういった行事の服装では、「礼装」や「準礼装」といった、格が存在します。この「服装の格」のバランスをきちんと整えることが、非常に重要になってくるのです。まずは、この「格」の部分について、少し説明をしておきます。

「式典」であったり、「冠婚葬祭」、「七五三」をはじめとした行事などは、場合によって礼装の格を変えていく必要があるのです。礼装には、正礼装・準礼装・略礼装という3つの種類が存在し、主役に近いほど正礼装に近い服装にする決まりがあります。

母親・父親でこの格を合わせる必要が出てくるのです。

  • 母親→ドレス
  • 父親→スーツ

このような選び方では、格があっていません。母親、父親ともにセミフォーマル〜カジュアルに合わせておくとよいでしょう。では、例を見ていきます。

こちらのご家族は両親ともにスーツで合わせていますね。このように、格を合わせることが、行事の服装のルールになってきます。ただし、母親の服装でパンツスーツを着ている方は、非常に少なくなっています。ボトムスはスカートを合わせると、周囲から浮きにくいようです。

 

③母親らしい「品」と「華」のバランスを大事に

最後に「品」と「華」のバランスについて、説明をしていきます。七五三という、何度もないような行事ですから、「華やかさ」は重要です。しかし、華やかさを重視しすぎると、「品」が欠けてしまいます。この2つのバランスをきちんと意識して、スーツ選びをしていきましょう。例えば、きちんとしたスーツに、ワンポイントでネックレスや花飾りを付けることで、「華」のある服装に仕上げることが可能になります。では、例を見ていきましょう。

こちらは、スカートスーツになります。七五三の行事にふさわしい「品」のある服装、そして胸の辺りに付けた花飾りで、華やかさも表現されていますね。こういった、ワンポイントのアクセサリーを付けることによって、「品」を保ちながら、「華」をもたせることが可能です。

 

母親のスーツの色は何色がいい?

では、続いてスーツの色について解説していきます。基本的に一般的なスーツであれば、色は問題になりません。おすすめとしては、華やかに見える「白」や「ベージュ」でしょう。また、黒のスカートに白のスーツを羽織るというコーディネートも人気となっています。いくつか例を見ていきましょう。

↑こちら、白のコーディネートです。中のシャツと少し色を変えることで、メリハリも出てきています。ネックレスに加え、胸のコサージュが華やかさを際立たせています。

 

↑こちらはワンピーススーツになっています。白のジャケットを着て、メリハリを与えるようにしていますね。スーツは一般的な色であれば、何色でも問題ないですが、やはり「白」や「黒」のスーツが多いようです。

まとめ

今回は、七五三における母親のスーツの選び方を解説していきました。七五三は子供の晴れ舞台ですが、母親のみなさんも、「品」と「華」を意識して、スーツ選びをしていきたいですね。当サイトでは、他にも七五三の着こなしを紹介しているので、そちらも御覧ください。