【七五三:内祝い】のしの書き方や結び方を解説!お返しをする必要性とは?

もうすぐ、七五三のシーズンになりますね。お子さんの成長の節目ともなる行事なので、しっかりと準備をしておきたいところです。さて、今回は七五三の「内祝い」について、詳しく解説をしていきます。内祝いとは、本来は家族の中で、お祝いをもらったお返しとしての役目を果たすもの。おめでたいことがあった家族が親戚に報告を兼ねて、喜びを分かち合うためにも送るものです。

七五三のお祝いとして、親戚からお祝いの品をもらった場合、内祝いとしてのお返しをする必要があります。今回は、七五三の内祝いの「のし」に関すること、お返しに関することなどのルールを解説していきますよ!

では、はじめていきましょう。

 

七五三の内祝いは必要なのか?

まずは、前置きとして、根本的な部分を解説していきます。七五三の内祝いとは、必ず贈る必要があるものなのでしょうか?こちらは、「必ずしも贈る必要はない」という答えが正解になります。最近は、内祝いを贈る家庭は増えてきています。しかし、「必ず」贈らなければならない、というルールはないことを知っておきましょう。内祝いは親戚間で贈り合うものなので、気を遣わない相手であれば、お礼の電話をするぐらいでちょうどよいかと思います。

筆者の家庭の場合は、七五三や卒業ごとにお祝いをもらっていました。ただ、内祝いを贈ることはしていなかったと記憶しています。ただ、その後に筆者の従兄弟が生まれ、母親が七五三のお祝いを贈っていました。このように、お返しをするのではなく、お祝いを贈り合うという方が、お互い気を遣わずにいられるということもありますね。

では、これらの話を踏まえて、内祝いを贈る!という方へ。ルールを解説していきます。

 

七五三の内祝いの「のし」に関するルール

まずは、七五三の内祝いにおける、「のし」のルールを確認していきます。のしとは、以下のようなお祝いを包む紙のことです。

みなさんも、一度は見たことがあるのではないでしょうか。ただ、この紙をただ巻きつけるだけではダメです。では、ポイントをまとめていきます。


POINT

七五三の内祝いにおける「のし」のルール

 

  • のしの表書き→「内祝」と書く
  • 結び方→蝶結びのもの(紅白7本
  • 名前書き→子供の名のみでOK

七五三の「のし」におけるルールは、以上の通りとなっています。まず、画像にもあるような紅白7本で作られた蝶結びのデザインの紙を選んでおきます。次に、表書きには何の目的がある贈り物なのか、を明記しておきましょう。こちらは、「内祝」と書いておけばOK。ちなみに、「七五三内祝」と書いても大丈夫です。

そして、名前の部分がポイントになります。こちらは、誰からの贈り物なのか?という名前を書く場所なので、子供の名前を書くようにしてください。この部分は間違いやすいので注意が必要です。

 

七五三の内祝いにおける時期や値段

次に、七五三の内祝いにおける、時期や値段などのルールを解説していきます。まずは、ポイントから見ていきましょう。


POINT

七五三の内祝いにおける時期や値段

  • 時期→特に決まっていない(お祝いをもらってからすぐが良い)
  • 値段→貰ったお祝いの半額程度のもの

七五三を11月15日に行う地域が多いため、この前後にお祝いを貰う可能性が高いです。そのお返しとしては、お祝いをもらってから日が浅いうちにすると良いでしょう。あまり時間が経ってからだと、今頃…と思われてしまいますからね。また、値段としては、貰ったお祝いの半額〜3割程度が相場となっています。具体的に、2000円〜3000円でお返しをすると好印象です。

お返しの値段で注意するべきこととしては、あまり高いものをお返ししないことです。あまり高いものを贈ったとしても、相手に気を遣わせるだけですからね。相手に負担にならないことを第一に考え、内祝いとしてお返しをしておくと良いでしょう。ちなみに、親族の中でも間柄が近い関係ならば、食事をご馳走するという方法もあります。これならば、わざわざ内祝いの品を用意する必要もありませんからね。シチュエーションごとに、臨機応変に対応できるようにしておきましょう。

 

七五三の内祝い【人気商品編】

では、最後に七五三の内祝いとして贈る、人気商品を紹介しておきます。まず、この部分から最初に読み始めてしまった方のために、「内祝いは必ずしも必要ない」ということをお話しておきます。内祝いとは、親族間で喜びを共有するものです。また、お祝いをもらった後のお返しの意味を持っています。内祝いを渡さずとも、マナー違反になるといったことはありません。この部分を確認しておいてくださいね。では、人気商品を紹介しておきます。


POINT

七五三の内祝いの人気商品

  • お菓子詰め合わせ
  • 名前入れ
  • お酒

傾向を見て、3つに絞ってみました。以上の3つが七五三の内祝いとして、人気の商品となっています。まず、圧倒的に多い商品がお菓子の詰め合わせです。こちらは、値段的にも安いですし、相手に気を遣わせません。商品数も非常に多いので、自身がオススメするお菓子の詰め合わせを選んでみてもよいかもしれません。おすすめを挙げるならば、ロイズなどが取り寄せやすく、ブランド力もあるのでおすすめです。値段が安い分、渡しやすい点もGOOD。

ROYCE'(ロイズ) バトンクッキー50枚[2種詰合せ]

続いて、名前入れのギフトです。こちらは、少し値段が上がってしまいますが、思い出に残る商品になります。例えば、下記のお酒などに名前を入れるタイプのギフトもありますから、そちらを選んでみても良いですね。おすすめの例としては、名前入れのグラスなどが、値段も安くおすすめになります。1000円以内で1つ作れるので、気軽に作りやすいですね。

お酒に関しては、親族の方が好きなものを選ぶと良いでしょう。以上、七五三の内祝いのおすすめ人気商品でした。

注意

名前入れの商品には、「子供」の名前を入れるようにしてください。こちらは、内祝いの名前書きと同じ理由で、だれのお祝いなのか?をメインにするためです。

名入れ グラス ロックグラス 彫刻デザイン選べます 底面彫刻入り アルスターオールド 文字入れ アデリア 

 

まとめ

今回は、七五三の内祝いに関する知識をまとめました。のしの名前書きや表書き、結びの選び方など、ルールは多いです。こういったルールをしっかりと確認しておくことで、マナー違反なく内祝いを渡すことができるでしょう。

ただ、何度も繰り返すようになってしまいますが、内祝い自体、必ず渡さなければならないものではありません。この部分を間違えないようにしましょう。