【ハロウィン】初心者におすすめな仮装やコスプレのコツ6個

ハロウィンの経済効果は年々高まっています。人気の高まりとともに、どんどんハロウィンイベントも増え、年々熱い展開を見せていますよね。さて、年々人気が高まっているということは、つまり「はじめてハロウィンイベントに参加する人」が増えているということになります。

ハロウィンイベントに参加する際、一番重要なものといえば「仮装」だと思います。周りはレベルの高いコスプレばかり…と萎縮してしまうと、ハロウィンのイベント自体を楽しむことができなくなってしまいます。今回は、初心者でもきちんとしたハロウィン仮装やコスプレをするコツをまとめます。

初心者はどんな仮装を選べばよいのか?という部分を始め、ハロウィンの仮装を一段階格上げするコツなどをまとめていきます。では、はじめていきましょう。

 

 

ハロウィン初心者が気をつけるべき3つの基本

まずは、ハロウィン初心者が仮装やコスプレをする上で、基本となる3つのポイントを解説しておきます。まず、以下のポイント欄をご覧ください。


POINT

ハロウィン初心者の仮装の基本

  1. 王道を選ぶ
  2. グループでコンセプトを合わせる
  3. やり過ぎに注意

ハロウィンの仮装で気をつけるべき3つのポイントは、以上の通り。では、それぞれを簡単に解説していきましょう。

 

 

コツ①王道を選ぶ

まずは、仮装のコンセプトに関するお話です。仮装の初心者の方が、いきなりマニアックでレベルの高い仮装をしてしまうと、間違った方向に進んでしまいがちになってしまいます。まず、ハロウィン初心者の方は本気のコスプレをするよりは、イベントを楽しむことを優先してください。この理由から、「王道の仮装」を選ぶと良いです。

王道のコンセプトになると、たくさん例が出てくるため、真似しやすい傾向にあります。具体的な例を挙げていくと、

  • 女性→ナース・婦人警察・魔女・キキ(魔女の宅急便)
  • 男性→囚人服・ドラキュラ・ゾンビ

 

このあたりの王道系を選ぶことで、お手本も探しやすく、簡単に楽しく仮装を完成させられますよ。

 

コツ②グループでコンセプトを合わせる

大半の方が、友達や職場の同僚などとハロウィンイベントに参戦するのではないでしょうか?その際、グループ全体でコンセプトを決めてみましょう。例えば、下記の画像をご覧ください。

こちら、「アメコミ」のキャラで統一されたグループになります。単体ではただのスーパーマンですが、グループになると派手さと統一感が増すため、写真などを求められたり、同じようなコンセプトのグループとの会話もはずみます。

王道のキャラクターなどを選んでおくと、より一層同じようなグループを見つけられますよ。

 

コツ③やり過ぎに注意

よくハロウィンの仮装やコスプレで写真を取られたり、ツイッターなどで拡散している「本気仮装」をしている方がいます。しかし、あれは何度もコスプレや仮装を研究した結果、あのようなレベルの高い仮装が完成しているわけです。

初心者の方が、いきなりあのレベルの仮装やコスプレをしようと思っても、失敗する可能性が高くなってしまいます。特に注意したいのが、ハロウィンメイクです。ハロウィンメイクのやり過ぎは雰囲気にマッチしていないと、かえって印象が悪くなってしまいます。

↑最初からこのレベルを目指しても、失敗するだけ。まずはハロウィンのイベントに慣れて、楽しめるようになりましょう。

ここまで、ハロウィン初心者の仮装に関して、基本的なお話をしていきました。しかし「これは難しいからダメ」だとか、「あまり挑戦はしないほうが良い」というような注意点ばかりになってしまいました。

ここからは、ハロウィン初心者でもできる、仮装やコスプレの格上げのコツをまとめていきます。。

 

ハロウィン初心者でもできる!仮装を格上げするコツ

ハロウィン初心者でも周りと差別化できるような仮装のコツをいくつか紹介していこうと思います。以下、これから解説する項目をまとめましたので、まずはこちらをご覧ください。


POINT

周りと差別化する仮装のコツ

  • オリジナル衣装で格上げ
  • アクセサリーで格上げ
  • ハロウィンメイクで格上げ

今回は、以上のコツを解説していきます。

 

コツ④オリジナル衣装で格上げ

まずは、オリジナル衣装で格上げをする方法です。例えば、上のワイシャツに血糊を塗ったオリジナル衣装ですが、あれは一つ一つ柄が違うため、立派な「オリジナル衣装」といえますよね。このように、既製品に血糊を塗るような工夫をするだけで、グッとハロウィン感が出てきて、イベントでも楽しむことができるきっかけになります。

血糊に関しては、垂らしていくだけでも良いのですが、血糊がそのまま残ってしまうとシャツが勿体無いですよね。筆者は様々なサイトで調べましたが、やはりアマゾンの以下の血糊が洗濯で簡単に落ちる&安いためおすすめです。楽天で購入したい場合は、少し高くなってしまうので、アマゾンのほうが良いかと思います。

 

シャツに関しては、持っていない場合はGU等で購入すれば安く仮装を作ることができますね。

 

コツ⑤アクセサリーで差別化する

次のコツは、アクセサリーでの差別化です。こちらも例のごとく上の画像をご覧ください。こちらは、先ほど紹介したワイシャツに血糊を垂らした仮装と同じように作られた「ナース服」の仮装です。

ただ、ニーソやバッグ、腕の包帯などでさらに仮装のレベルが格上げされて、若干「おしゃれ」にすら見えてしまいます。こういったアクセサリーを少しでもつけていくことで、一気に仮装の雰囲気が良くなってきますよ。例えば、腕の包帯などは血糊を購入していれば、200円程度で作ることが可能。

包帯に血糊を垂らして、巻きつけるだけですからね。こういった非常に簡単なアクセサリーを作ることで、ハロウィンでより一層個性を光らせることが可能になるでしょう。

 

コツ⑥ハロウィンメイクで差別化

最後は、ハロウィンメイクで差別化する方法です。こちらは、コツ③「やりすぎに注意」が効いてきます。ハロウィンメイクとはいっても、最初は簡単なものに留めておきましょう。例えば、100均などでも売られている「ボディシール」は非常に優秀です。

こちら、人気YouTuber「ねこてん」さんの動画です。初心者の方はこういったボディシールを顔や腕などに貼るだけでも、かなり可愛くハロウィンメイクをすることが可能。

非常に安いですし、簡単に付けることが可能。他にも、様々なボディシールが販売しているようなので、ダイソー等で購入しても良いでしょう。(ちなみに、ハロウィンシーズン限定販売です。)