【光のページェント】混雑状況はどれくらい?服装や人混みでの注意点を解説

仙台が最も明るくなる季節。そう、光のページェントがやってきます!毎年、大人気のこちらのイルミネーション。宮城県民だけなく、他県からも光のページェントを見に来る方が大勢いますよね。

30年以上も続く、毎年の恒例行事となった光のページェントですが、とにかく混むことでも有名。今回はその辺りの混雑状況を含め、2017年の仙台光のページェントの基本的な情報と、服装や人混み時での注意点を解説していきましょう。

では、はじめていきます。

 

 

仙台光のページェントの基本情報

まずは、2017年の光のページェントに関して、基本的な情報をまとめていきましょう。

光のページエント2017の基本情報

期間:2017年12月8日〜12月31日

点灯時間:

  • 日曜〜木曜→17:30-22:00
  • 金曜〜土曜→17:30-2300

場所:定禅寺通り


仙台光のページェントは約60万球のLED電球を使用した、東北最大規模のイルミネーションです。160本ものケヤキの木が光り輝く様は、まさに絶景。クリスマスシーズンにぴったりの情景が広がります。

2017年の光のページェントは、12月8日から年内中行われ、12月31日の24:00まで点灯されています。大晦日に光のページェントを観に行く人は、新年になる直前まで楽しむことができるというわけですね。

 

県外から来る人は服装に注意

はじめて宮城県に来るけど服装はどうすれば良い?という疑問を持つ方も多いですね。気温などを事前に見ていればわかると思いますが、宮城県の12月は真冬です。

本番は1月〜2月とはいえ、コートは欠かせないアイテムになります。特に、12月中旬〜下旬の日程で光のページェントを見に来る方は注意が必要です。宮城県の冬は想像以上に厳しいので、東京から行く方はしっかりと防寒対策をしておきましょう。

 

 

仙台光のページェントの混雑状況と人混みを回避する方法

では、さっそくメインのトピックスに移りましょう。仙台光のページェントの混雑状況についてお話していきます。結論からお話しますと、光のページェントは混みます。それも「激混み」です。

やはり、東北最大のイルミネーションなだけあって、とにかく人の混雑が凄いです。筆者も一度行ったことがあるのですが、人混みがすごすぎて疲れてしまいました。それくらい、混雑している状況になります。

特に、混雑がひどいのは12月23日(祝)のパレードの日程の日、そして12月24・25日のクリスマスですね。もし、デートなどの目的がなく、単純にイルミネーションを見たい!という場合は、この3日間だけは避けましょう。

ものすごい混雑なので、イルミネーションよりも人を見ているのではないか?と思うほどです。光のページェントに行く方は、あらかじめ混雑を想定して行動するようにしましょう。

 

混雑を回避する方法はある?

人混みが無いところでイルミネーションを見たい!という方も多いでしょう。もし、カップルでデートに行く!という場合でなければ、以下のポイントを抑えておけば、基本的に混雑は多くありません。

光のページェントで混雑を避ける方法

  1. 平日に行く
  2. 21:00以降に行く
  3. 大晦日に行く

上の3つの日程ならば、混雑を避けてイルミネーションを見ることができます。

まずは、平日に行くという方法。こちらは当然ですが、土日祝日よりは平日のほうが圧倒的に混雑がありません。逆に、土日祝日は、非常に混みますので注意が必要になります。

続いて、21:00以降に行くという方法。ピークとなるのは18:00〜21:00なので、それ以降ならば、基本的にスムーズに見物ができますよ。ただ、金曜日や土曜日に関しては、多少混雑していることもあります。その点だけ注意が必要ですね。

最後に、大晦日に行くという方法もあります。最終日の大晦日の夜は混雑が全くなく、非常にスムーズにイルミネーションを楽しむことができるようです。

いくら混雑するとはいえ、上記のような方法でうまく混雑を避けることが可能です。人混みが苦手だ、という方はぜひ上の3つの日程で、光のページェントを楽しんでみてくださいね。

光のページェントのジンクス

光のページェントにカップルで行くと、破局するというジンクスが存在します。もし、カップルで行く場合は注意が必要かも…

 

 

光のページェントを楽しむポイント

続いて、簡単ではありますが、光のページェントを楽しむポイントを解説していきます。光のページェントは、ただ歩くだけでも楽しいのですが、様々な「スポット」が存在するため、そちらを見て回ったり、使用したりすると良いでしょう。

 

①やはり目玉はシンボルツリー

光のページェントの目玉といえば、シンボルツリーでしょう。こちらは、毎年大人気のスポットで、30mの巨大なクリスマスツリーをイメージして作られています。これを見ずには、光のページェントを語ることはできませんね!

 

②バスで光のページェントを回ろう

るーぷる仙台から毎年この時期になると「光のページェント号」が運行するようになります。このバスは定禅寺通を通るため、光のページェントの全てを、バスに乗りながら楽しむことが可能。

もし、歩くのが疲れる!という方や、乗り物に乗りながら景色を楽しみたい!という方は、こちらのバスを利用してみても良いですね。

 

③イベントに行ってみよう

最後はイベント系ですね。光のページェントでは、様々なイベントが開催されます。

  • パレード
  • 海の杜水族館との連動イルミネーション
  • ページェントカー

こういったイベントは光のページェントの目玉企画ともなっているため、是非チェックしたいところです。ただ、イベントには、混雑も付いてきます。特に、パレードは混雑が非常に多くなってしまうので、注意が必要ですね。

 

まとめ

今回は光のページェントの混雑について、メインに解説を加えていきました。光のページェントは東北最大級のイベントとして有名ですので、当然のごとく混雑してきます。

混雑をうまく避けたいならば、先程紹介した3つの日程で行ってみると良いでしょう。

  • 平日に行く
  • 21時以降に行く
  • 大晦日に行く

みなさんも、光のページェントに行って楽しんできてくださいね!