【お歳暮】贈り物の平均価格はどれくらい?金額相場を解説

お歳暮シーズンになり、少しずつどんな贈り物をすればよいか?と迷い始める方も増えてきたのではないでしょうか?きちんとしたお歳暮を贈らないと、かえって失礼!なんてことにもなりかねません。

ただ、お歳暮にはどんなものが最適なのか?という部分で、「価格面」から調べたい方もいると思います。今回は、そんな方向けに「お歳暮の平均価格」や「金額の相場」について情報をまとめていきます。また、その平均価格の中で、どんな贈り物を選べば良いのか?についても解説していきます。

では、はじめていきましょう。

 

 

お歳暮の平均価格はどれくらい?金額の相場について解説していく

では、さっそく本題に入りましょう。お歳暮の平均価格はどれくらいなのでしょうか?下記が、金額の相場になります。

 

お歳暮の平均価格・金額の相場

2000円〜5000円

お歳暮の平均価格は、この金額が相場となっています。大体、2000円以上、5000円以下が経金的な価格となる傾向にありますね。

1000円台のお歳暮などは、「安物」と見られてしまい、かえって失礼な贈り物になりかねません。反対に、異常に高い「高級」なお歳暮になってしまうと、相手方に気を使わせてしまう原因になります。

もし、お歳暮をはじめて贈る方は、上の2000円〜5000円の金額の相場内に納めたお歳暮を贈ると良いでしょう。

 

 

相手の立場によってお歳暮の金額は変える?

こちらは、人によって大きく解釈が違う部分にはなりますが、例えば親戚にお歳暮を贈る場合と、お世話になった目上の方にお歳暮を贈るのでは、値段を変えたほうが良いのか?という疑問が生まれます。

実際、相手の立場によってお歳暮の金額を変える必要はありませんし、そういったルールはありません。お歳暮は感謝の気持ちや挨拶の気持ちを伝えるために贈るものです。金額は相場内であれば、あまり気にする必要はないと思います。

ただ、中には目上の方には少し高いお歳暮を贈るという方もいます。例えば、親戚に贈るお歳暮は3000円。目上の方に贈るお歳暮は5000円。このように差別化をする方は意外に多いです。もし、このように目上の方へのお歳暮の値段を高めに設定するならば、以下の金額内で検討していきましょう。

 

贈る相手の立場によって金額を変える場合の相場

  • 目上の人・お世話になった人

5000円〜1万円

最高でも、1万円の中には収めるようにしてください。やはり、あまり高級なものになってしまうと、相手方に気を使わせてしまいますからね。しっかりとマナーを守って、感謝の気持ちを伝えられるようにしましょう。

 

平均価格の中で購入するお歳暮のおすすめは?

お歳暮の平均価格や金額の相場を確認できたところで、続いてはお歳暮の平均価格内で購入できる、おすすめの品を紹介していきましょう。

今回、3つの種類のお歳暮を紹介していきます。

平均価格内のお歳暮のおすすめ

  • 鎌倉ハム「伝統の味」
  • 伊藤久右衛門
  • カゴメ「野菜飲料詰め合わせ」

以上の3つがおすすめとなります。それぞれの品について、少し解説を加えていきましょう。

 

鎌倉ハム「伝統の味」

お歳暮と言えば、やはり「ハム」が無難でもあり、喜ばれる贈り物となります。お歳暮で贈ることができるハムはたくさんありますが、その中でも美味しいと人気のハムが鎌倉ハムの「伝統の味」。

とにかく質の高いハムで、先方にも喜ばれる確率が高いです。鎌倉ハムの良さを知っている方も多いので、ネームバリューだけでも十分なお歳暮となります。

 

伊藤久右衛門

和菓子といえば、伊藤久右衛門がまっさきに出てきます。とにかく、本格的な抹茶味が好評のブランドで、味の渋さが若い世代からも年配の方からも喜ばれるため、最近はかなり選ばれているお歳暮となりました。

和菓子として値段はそこそこ高いですが、その分高級感があり、味も高級な抹茶味。こういった部分が人気の理由だといえるでしょう。

画像の商品だと、3800円のものになります。他にも様々な種類があり、2600円〜1万円以上のものまで自由に選べる点もGOOD。

 

カゴメ野菜ジュース詰め合わせ

「ハム」や「お酒」、「お菓子」、「フルーツギフト」がお歳暮では非常によく選ばれます。そのなかで、かなり穴場なのが「野菜ジュース」です。たくさんあっても困らないものですし、保存期間も長いのが特徴。

お歳暮シーズンでは、いろいろな人からギフトが贈られてきますので、「かぶり」もなるべく避けておきたいですよね。野菜ジュースを選ぶ人は意外に少ないですし、どんなシーンでも飲むことができるため、非常に喜ばれるお歳暮となります。

 

お歳暮の疑問をQ&A形式で解説

最後に、今回の記事に関する疑問について、Q&A形式で解説を加えていきたいと思います。

 

Q.お歳暮はだれに贈るもの?

お歳暮の金額の相場についてはわかったけど、実際はだれに贈れば良いの?という疑問をお持ちの方もいるでしょう。はじめてお歳暮を贈る方は、どの範囲の方にお歳暮を送ったほうが良いのかが決められないものです。

こちらは、「普段お世話になっている人」に贈ると良いでしょう。先程から例に出ている上司の方だったり、両親でも良いですね。普段、付き合いをさせてもらっている方に感謝の気持ちを述べる上で、お歳暮を贈りましょう。

<例>

  • 会社の上司
  • 両親
  • 友人・知人
  • 習い事の先生

 

Q.お中元を贈ったなら、お歳暮はいらない?

夏にお中元を贈っていた場合、お歳暮は必ず贈るようにしましょう。お中元とお歳暮を比較すると、お歳暮のほうが重要な位置づけになります。そのため、お中元を贈っていた場合は、お歳暮は同等の品物orお中元よりも高価な品物を贈るようにしてください。

お中元とお歳暮は1セット?

◯お中元あり→お歳暮あり

☓お中元あり→お歳暮なし

◯お中元なし→お歳暮あり

お中元とお歳暮は基本的には1セットになります。ただ、もしお中元を贈っていなくとも、お歳暮だけ贈ればOK。どちらかというと、お歳暮のほうが重要です。

 

まとめ

今回は、お歳暮の平均価格や金額の相場をまとめていきました。平均価格としては、2000円〜5000円の間が一般的となっています。

ただし、会社の上司の方や他社のお偉いさんにお歳暮を贈る場合、5000円〜1万円のものを選んでもOK。このあたりは、周りに相談してみてもいいかもしれませんね。