【お歳暮】お礼状の書き方を例文付きで解説!頭語や締めの言葉はどうする?

お歳暮のシーズンが近づいていますが、交流のあった方やお世話になった方へは必ずお歳暮を贈っておきたいところです。両者の交流が無くなることを防ぐ意味合いもあるお歳暮。しっかりとマナーは守りたいですね。

さて、今回はお歳暮を頂いた際の対応についてお話していきます。お歳暮を頂いた時は、はじめに「お礼状」を書く必要があります。特に、ビジネス面では必須の知識で、お礼状を出さないと一発でマナー違反になってしまうため、注意が必要です。

今回は、お歳暮をもらった際のお礼状の書き方に関して、文例を用いながら解説していきたいと思います。では、はじめて行きましょう。

 

 

お歳暮のお礼状で書くことは5つ

さっそく、お歳暮におけるお礼状の書き方を解説していきましょう。まずは、お歳暮をもらった際のお礼状の書き方として、「必要な構成」について紹介をしておきましょう。お礼状は、5つの要素で出来上がります。

 


お礼状に書くべきこと

  1. 頭語
  2. 前文
  3. 主文
  4. 末文
  5. 後付

頭語に関しては前文に分類されるものですが、今回はわかりやすく①に頭語を入れてみました。お礼状はこの5つの要素で出来上がります。では、実際に文例を見て、それぞれを確認して行きましょう。

 

 

まずはお歳暮のお礼状の文例を見てみよう

ここからは、お歳暮のお礼状の文例を見ていきましょう。ちなみに、Webサイト形式なので横書きになってしまいますが、お礼状は基本的に「縦書き」です。

では、以下、お歳暮のお礼状の文例になります。

①拝啓

②師走を迎え、何かと忙しいことと存じます。ますますご健勝におすごしのこととお喜び申し上げます。

日ごろは大変お世話になりまして、厚く御礼申し上げます。

③さて、このたびはとても見事なカニの詰め合わせをご恵贈いただきまして誠にありがとうございました。家族一同大喜びで、とくに母の好物ということもあり、大変喜んでいました。

④ご丁寧なお心遣いに、心より感謝を申し上げます。

これからもますます寒さが厳しくなりますが、どうかご自愛下さいませ。まずは取り急ぎ、書中にてお礼申し上げます。

敬具

⑤◯◯年◯月◯日   自分の名前

相手の名前

以上、お歳暮のお礼状の文例になります。書き方としては、5つの要素に分けられていることを確認しておきましょう。では、それぞれに関して、簡単に解説を加えていきます。

 

頭語

まずは、手紙の最初に書く「頭語」について解説していきます。頭語は日常的に会話する上では「こんにちは」と同じような挨拶の扱いです。基本的に、お歳暮の頭語であれば「拝啓」で問題ないと思います。他の頭語としては、

  • 前略
  • 謹啓

の2つが使えます。また、頭語には対応する締めの言葉も存在するため、セットで覚えておくようにしましょう。

拝啓 敬具
前略 草々
謹啓 謹言

 

よりかしこまったビジネスの場面では….

ビジネス文書などの、よりかしこまったビジネス文書においては、頭語と結語を「謹啓」&「謹言」を使用していきます。取引先の会社にお礼状を出す場合は、この2つを使うようにしましょう。

 

前文

続いて、季節のあいさつに当たる「前文」を挟んでいきます。お歳暮の時期は冬なので、冬の挨拶や季語を入れた文章を作っていきましょう。

基本的に、文例の通りの文章で問題ないと思われます。他の書き始めとしては、「寒さ厳しい折」なども使えますね。

 

主文

こちらは、このお礼状において「一番伝えたいこと」を書いていきます。つまり、お歳暮をいただいたことへの感謝の言葉ですね。ここでは、お歳暮への感想や家族の反応などをしっかりと書くようにしてください。

お歳暮の品物でのエピソードなども入れると、文章に豊かさが生まれるため、主文のところはしっかりと書いていくようにしましょう。

<例>

  • 5歳になる子供が大喜びで、ひとりじめしてしまいそうで大変でした
  • このような和菓子ははじめて食べましたが、想像していた以上に美味しくいただきました。

 

末文

ここには締めの言葉を入れていきます。こちらでは「本来直接お礼を言うところを、お礼状という形になった」という詫びの言葉を入れたり、相手への気遣いを書いていきます。

<例>

  • 寒い日が続きますが、小慈愛ください。
  • 略儀ながら、書中にてご挨拶申し上げます
  • まずは取り急ぎお礼まで
  • 改めましてご挨拶に伺います。

このような締めの言葉を入れていきましょう。また、さきほど解説した「頭語」との組み合わせの結語を入れて、手紙の文章自体は終了です。

 

後付

後付では、手紙を書いた日付と自分の名前、相手の名前を書いていきますもし、代筆で手紙を書いていた場合は、差出人となる名前の最後に「代」か「内」と小さく書いておきましょう。

以上、お礼状の例文や書き方の解説でした。中身をうまくいじって、しっかりとした文章を書いていきたいですね。

 

お歳暮のお礼状Q&A

最後に、お歳暮のお礼状Q&Aをまとめていきます。お礼状を書く時に、いくつか疑問になることをピックアップして解説していきますよ。

今回、解説する疑問は以下のとおり。


お歳暮のお礼状Q&A

  • お礼状はいつまでに贈るの?
  • お礼状の封筒の書き方は?
  • お礼状or電話はどちらを選ぶ?

では、それぞれのQ&Aを見ていきましょう。

 

【お歳暮Q&A①】お礼状はいつまでに送るの?

お歳暮のお礼状はいつまでに送れば良いのでしょうか?基本的に、お歳暮のお礼状は「届いたその日」に書き、すぐに送るようにします。最低でも3日以内にお礼状を送らなければ、一発でマナー違反になってしまうと思ってください。

 

【お歳暮Q&A②】お礼状の封筒はどうする?

お礼状の封筒は、和封筒を用います。また、あらたまった手紙ということで、封筒の封じ目を糊付けし、きちんと「封」か「〆」という文字を書いておきましょう。

宛先は、郵便番号の下四桁の枠内に収まるように書き、宛名は郵便番号の上3桁の下に、少し大きめに書くようにします。

裏面は、半分に自身の住所、もう半分に名前を書くようにし、日付もきちんと書いておくようにしてください。

【お歳暮Q&A③】お礼状or電話ではどちらを選ぶ?

基本的に、親戚や身内からお歳暮が届いたときを除いて、お礼状を出すようにします。丁寧さの程度だと「お礼状>電話」の順番ということになるでしょう。

もし、親戚からのお歳暮のお礼を述べるのであれば、電話でも問題ないと思われます。