【お歳暮】年配の方に人気のギフトまとめ!ご老人に喜ばれるものはどれ?

日頃の感謝を込めた「お歳暮」のシーズンに入りましたね。お世話になった方や両親に、普段の感謝の気持ちを込めたお歳暮を贈る方はたくさんいるのではないかと思います。

今回は、そんなお歳暮に関して、年配の方に贈る人気のギフトをまとめていきたいと思います。年配の方の間ではどんなお歳暮が人気となるのか?ご老人にも喜ばれるギフトを紹介していきますよ。

では、はじめていきましょう。

 

 

お歳暮の値段の相場はどれくらい?

年配の方に人気のお歳暮を紹介する前に、どれくらいの値段でお歳暮を用意すればよいのか?について知っておく必要があります。お歳暮の価格の相場は、以下のような金額となっています。


お歳暮の金額の相場

2000円〜5000円

【例外】会社の上司や他社の関係者に贈る場合

5000円〜1万円


お歳暮の金額の相場としては、2000円〜5000円の間に収めるように贈るのが一般的となっています。ただ、会社の上司や社長にお歳暮を贈る場合は、5000円〜1万円のものを選ぶ方が多いようですね。

実際のところ、極端に金額が安かったり、極端に金額が高かったりしなければ、全くマナー違反には当たりません。このあたりは相場の範囲内で贈ってみると失敗しないと思われます。

では、これらの知識を踏まえて、年配の方に人気のお歳暮を5つ紹介していきましょう。

 

 

年配の方に人気のお歳暮5選

では、本題に入っていきましょう。年配の方に人気のお歳暮を、今回は5つ紹介していきます。紹介するお歳暮は以下のとおりです。

年配の方に人気のお歳暮5選

  • うなぎ
  • カニ
  • お酒
  • 和菓子
  • 野菜ジュース

では、それぞれのお歳暮に関して、簡単に解説を加えていきます。

 

金額の設定

今回は、ご年配の方に贈るギフトということで、5000円をオーバーするお歳暮が多く含まれています。もし、2000円〜5000円の相場内で選びたい方は、以下の記事を参考にしてください。

 

うなぎ

うなぎはいつもらっても嬉しいものです。お歳暮で贈るうなぎは調理がしやすく、すぐに食べられるものが多いので、年配の方だけでなく幅広い世代でも人気ですよね。

値段としては5000円〜1万円の間で購入できるものがほとんどです。うなぎを食べる機会はそう多くありませんので、高い確率で喜ばれるお歳暮になりますね。

うなぎのオススメは、「うなぎのたなか」の国産うなぎ蒲焼きです。評価が非常に高く、パッケージも上品ですので、お歳暮にはぴったりですね。

 

 

カニ

こちらも、うなぎと並んでご年配の方から喜ばれるお歳暮である「カニ」。特に、冬のシーズンになると鍋が美味しい季節になりますので、カニは非常に重宝されます。ご年配の方にお歳暮を贈る時は、普段は少し手が届かないギフトを贈ると喜ばれやすい傾向にありますね。

ただ、1つ注意したいのが、贈る方が「カニアレルギー」でないかを知っておく必要があります。このあたりは普段の付き合いの部分が重要になってきますので、もしアレルギーについて把握していない場合は、避けたほうがよいかもしれません。

お歳暮におすすめのカニギフトとしては、「川口水産」のカニが人気となっています。こちら、値段の割に味の良いカニが食べられるということで、非常に人気の商品です。

 

お酒

ご年配の方へのお歳暮として、「ウイスキー」や「日本酒」も非常に人気が高いです。特に、少し値段が高めのウィスキーなどが多く選ばれる傾向にある様子。

ただ、お酒に関しても好き嫌いが絡んでくるため、上司や社長の好みをしっかりと把握しておく必要がありそうです。

 

和菓子

ご年配の方には「抹茶系」のお菓子が人気となっています。特に、味が本格的なものが好まれるようで、「伊藤久右衛門」の抹茶菓子は人気が高いです。

他にも

  • ようかん
  • 栗きんとん
  • どらやき

などの、甘すぎないお菓子が喜ばれる傾向にあります。

 

おすすめとしては、先程触れておいた「伊藤久右衛門」の抹茶菓子。上品な甘さと渋い抹茶の味が年配の方の間でも非常に人気のお菓子となっています。

こちら、和菓子の系統ではあるものの、プリンなども入っているため洋菓子が好きな方にもピッタリのギフトになります。

 

野菜ジュース

お歳暮で根強い人気があるものに「野菜ジュース」があります。特に、あまり食べないご年配の方に人気で、保存期間の長い野菜ジュースは非常に喜ばれます。上の画像のような詰め合わせタイプがおすすめで、消費がしやすいため、残って捨てられることも少ないですね。

 

お歳暮に関する疑問をQ&A形式で解説

年配の方に人気のお歳暮について紹介していきましたが、ここからはお歳暮に関する基礎的な知識をまとめていきます。お歳暮の時期や贈り方などについて、基本的なマナーを確認しておきましょう。

 

Q.お歳暮の期間はいつからいつまで?

A.お歳暮の期間は、12月初旬〜12月20日までとされています。最近は、11月下旬にお歳暮を贈ってしまうかたもいるようですが、全くマナー違反には当たりません。年末の忙しい時期に入る前にお歳暮が届くようにしましょう。

会社関係でお歳暮を贈る場合は、少し細かいマナーを守る必要があります。お歳暮の時期は「関東」と「関西」で少しだけ差があり、

  • 関東→12月初旬〜12月20日
  • 関西→12月13日〜12月20日

この期間内に届くようにすると、マナーとしては完璧でしょう。

 

Q.お歳暮の期間が過ぎてしまったら?

A.もし、お歳暮の時期を過ぎてしまったとしても、「寒中御伺」として年明けに贈ることができます。寒中御伺は松の内が過ぎてから贈るルールがあるので、

  • 関東→1月7日〜立春の前日
  • 関西→1月15日〜立春の前日

この期間内に贈るようにしてください!

 

Q.お歳暮の贈り方はどうする?

A.お歳暮は基本的に手渡しで贈ることが一番です。しかし、贈る先が多すぎる場合は、どうしても手渡しでは渡しきれないですよね。そういった場合は郵送で送りますが、「挨拶状」も一緒に贈ることが一般的なマナーとなるので注意が必要です。

 

まとめ

今回は、年配の方に人気のお歳暮を5つまとめていきました。お歳暮は実際何をもらっても嬉しいものですが、やはり相手の好みをしっかりと考えて贈りたいですよね。

お歳暮のマナーなどをしっかりと守って、喜ばれるお歳暮を贈るようにしましょう!