【2018年最新】おすすめの手帳はどれ?学生・ビジネス・女性のシーン別に解説

新しい年の始まりといえば、福袋や初詣、おせちなどたくさんの「風物詩」が存在しています。そんな新年の風物詩ともいえるものの中には、「手帳」があります。

やはり、新しい年に入る際に心機一転、新しい手帳を購入しよう!という方が非常に多い印象がありますね。筆者も新年になると必ず手帳を購入します。最近は使用することも少ないのですが、学生さんやビジネスマンのスケジュール管理にとって、手帳はかなり重要なアイテムですよね。

今回は、2018年最新の福袋のおすすめ手帳を紹介。学生さんからビジネスマン、女性などそれぞれのシーン別におすすめの手帳をまとめていこうと思います。では、はじめていきましょう。

 

 

2018年最新!手帳のトレンドはどうなる?

2018年の最新手帳のおすすめを見ていく前に、2018年にどういった手帳が増えるのか?について、解説を加えていきます。2018年の手帳業界のトレンドのポイントは、以下の3点です。

2018年おすすめ!手帳の3ポイント

  1. 持ち運びやすい「コンパクトタイプ」
  2. 1ヶ月俯瞰型「マンスリータイプ」
  3. デジタル対応「連携タイプ」

2018年は以上の3つのタイプの手帳がトレンドとなります。この3つのタイプの手帳に関しては取り扱う店舗も増えるため、みなさんにおすすめできる手帳となっています。

 

 

持ち運びやすい「コンパクトタイプ」

コンパクトタイプが流行る理由としては、「スマホと持ち運べる」という点を重視するブランドが多くなっているからです。スマホと一緒にポケットに入れることができ、薄くて軽い、持ち運びやすいという利点を持っています。ビジネスマンの方には特におすすめで、スーツの胸ポケットにも入るサイズの手帳が流行となるでしょう。

おすすめといえば、ビジネスマンの味方「NOLTY」ブランドの小型版。薄い・小さいという特徴を持っていながら、しっかりとスケジュールを書くことができ、マンスリータイプでもあるので、スケジュール管理がし易いという特徴もあります。

胸ポケットにちょうどよく入る点でも高評価を受け続ける手帳ですね。

 

スケジュール管理がしやすい「マンスリータイプ」

マンスリータイプは一ヶ月のスケジュールを俯瞰的に見ることができるため、非常におすすめの手帳となっています。最近はマンスリータイプがかなり一般的になってきました。この流行は今後も続いていくでしょう。

「卓上マンスリータイプ」の手帳も増えてきており、おしゃれで使いやすい手帳もたくさん増えてきています・

ユナイテッドビーズの卓上マンスリータイプの手帳は滑り止め加工がされているため、デスクに置いておいても安定感抜群。また、見た目も非常に可愛いため、女性の社会人の方におすすめできる手帳となっています。

 

デジタル対応「連携タイプ」

「最近はオンラインで予定を管理しているけど、やっぱり紙に書きたい」

こんな要望に答えた「デジタル対応」の手帳も流行の兆しを見せていますね。紙に書いた予定をスマホでチェックできるということで、便利になることは間違い無し。今や、スマートフォンはビジネスの現場にも欠かせないものなので、連携タイプの手帳を選ぶことでより早く、正確に予定を確認できますね。

 

ル カルネ ティビエルジュは手帳に書いた予定をQRコードにかざすだけで簡単に同期できる優れもの。書いた内容をそのまま確認することが可能なので、間違いも当然起きません。

ただ、ネックとなるのはやはり値段でしょう。35000円という値段は学生さんには厳しいものなので、社会人の方におすすめのビジネス手帳となっています。

 

【2018年度版】学生〜社会人まで!それぞれにおすすめの手帳を解説

 

 

続いては、2018年最新のおすすめ手帳に関して、それぞれのシーン別にどの手帳を選ぶべきか?について解説を加えていきます。今回、以下の方々に向けたおすすめの手帳を解説していきます。


シーン別おすすめの手帳を解説

  1. バイトに勉強をこなす学生におすすめの手帳
  2. 毎日を忙しく過ごす社会人におすすめの手帳
  3. 見た目も大事!女性におすすめの手帳
  4. システム手帳おすすめの手帳
  5. 簡単な日記もつけられる手帳

今回は、以上の5つのシチュエーションに分けて、おすすめの手帳をまとめていきます。手帳の書き方や好みにも左右される部分もありますので、当てはまるシチュエーション以外の手帳についても読んでいただけると幸いです。

 

2018年、学生におすすめの手帳とは?

バイトと勉強、プライベート。意外に予定管理が難しいのが学生さんですよね。ビジネスマンの方以上に様々な方面の予定を書き込む必要があるため、予定管理はきちんとして置かなければなりません。

また、授業で出た課題やテストの範囲などを手帳にメモする必要もあるため、きちんと書けるメモスペースがあると、便利でしょう。今回はメモスペース、使いやすさから以下の手帳をおすすめします。

 

MDノート

MDノートの良い点は、究極のシンプルさです。勉強、バイト、プライベートなど様々な予定を書き込む必要があるため、無駄な機能を省き、メモスペースを増やすことで便利さを追求しています。

また、週間予定としても使える大容量メモスペースがあるため、テスト範囲や課題などたくさん書き込むシーンでも大活躍。デザイン性でもシンプルさが好評で、人それぞれの使い方ができる便利さがおすすめの理由となっていますね。

 

2018年、社会人におすすめの手帳とは?

社会人の方におすすめの手帳は、多岐に渡ります。定番の手帳だと使いやすいものも多いため、好みも分かれると思われますが、今回は2018年注目の手帳からおすすめを紹介していきます。

 

ほぼ日手帳「オリジナルズ」

まさに「最強」の手帳と言われるほぼ日手帳のオリジナルズ。社会人に必須の機能が様々ついており、高い完成度、満足度を誇る手帳となっています。また、見た目にこだわる方のために、38種類のカバー、サイズを用意。かゆいところに手が届く手帳と言えるでしょう。

1日1ページ使用となるため、24時間の予定管理もらくらく。会議や仕事の内容までカバーしつつ、プライベートの予定も書きやすい。手帳を初めて使う!という方にも使いやすく、雑誌やメディアからの評価も高くなっています。

 

NOLTY U

日本能率協会マネジメントセンターから販売されている「NOLTY」。手帳好きなら一度は手にしたことがあるのではないでしょうか?今回、社会人の方におすすめの手帳として、「NOLTY U」をおすすめします。

NOLTY Uの特徴は、1日を3段に分けて書くことができるという工夫にあります。予定が重なっても書きやすく、ブロックごとに書けるため大変便利です。

また、見た目的にもおしゃれ。合成皮革を採用しているため、質感もGOOD。男性女性問わず使用できるデザインが非常に好評です。

 

2018年、女性におすすめの手帳

女性におすすめしたい手帳の特徴は見た目はもちろん、「ポケット付き」などの機能面も重要視していきます。付箋やシールなどで予定を管理する女性が多く、手帳を見やすくするアイテムを携帯できる手帳がおすすめでしょう。

 

スタッフダイアリー

見た目の可愛さはもちろんのこと、表紙裏にあるポケットや背表紙側にあるジッパー付きポケットに付箋やカード、名刺などを様々入れることができます。収納力に関して非常に優れており、この手帳一つあれば仕事ができると言われるほどの機能性を持っています。

また、手帳としての使いやすさも申し分ありません。マンスリータイプですが「TO DO欄」や「フリースペース欄」も充実。ウィークリー予定に関しても、方眼仕様になっているため見やすく。右側ページにはメモを大量に書き込むことができるスペースも完備。

細かいところまで手の届く構成となっていますね。

 

2018年、システム手帳のおすすめ手帳

自分流にアレンジしたい!という方におすすめなのが、システム手帳ですよね。リフィルを交換して、自分が使いやすいように自由に変えることができる点で、非常に汎用性の高い印象があります。

また、一つ購入しておけば、リフィルを変えて何年も使用できることもおすすめの理由。使わなくなったらリングノートに使用することもできるため、筆者が一番好きなタイプの手帳ですね。では、2018年、システム手帳のおすすめには何があるでしょうか?

 

PLOTTER レザーバインダープエブロ

2017年9月に誕生した新ブランド「PLOTTER」。牛革のシンプルレザーな見た目にプラスして、金色のバックプレートとリングパーツが高級感を演出しています。リフィルのラインナップは6種類で使いやすいものも多いため、利便性も高いです。

また、薄い牛革を採用しているため、「軽さ」の面も素晴らしく、持ち運びやすいという部分もおすすめできる理由となっています。PLOTTERは「本物」を追求するレザーブランドとして、今度も多数のアイテムが追加される予定です。2018年注目のブランドとなりそうですね。

 

2018年、日記もつけられるおすすめの手帳

簡単な日記をつけることができるタイプの手帳は、きちんとした「記録」となってくれるため、あとに見返したときに思い出すことができるなど、利点も多いです。手帳としてメインに使いつつ、日記代わりにも使えるという手帳が勢いを増しているようですね!

 

ジブン手帳 Biz

2013年から販売されている「ジブン手帳」。最近は機能性の高いこちらの手帳が高い評価を受けており、2018年には「ジブン手帳 Biz mini」が発売されます。ジブン手帳の良さは、その日の日記を簡単につけることに加え、食べた食事から睡眠時間まで記入できる充実度でしょう。

その他、アイデアを書き溜めることができる欄や「WISHリスト」など自分を高めてくれる記入欄が多数取り揃っています。手帳としてしっかりと機能しながら、その日あったことをきちんと書ける点が評価を受けているポイントですね。

2018年に発売されたジブン手帳のミニバージョンに関しても、小さいながらきちんと日記までつけることができると評判も良いです。2018年の流行となる「コンパクト化」にいち早く対応している点もGOOD!

 

まとめ

今回は、2018年のおすすめ手帳に関して、トレンドをまとめるとともに、学生〜ビジネスマンまでどの手帳がおすすめなのか?についてもまとめていきました。

最近の手帳はどれも特色があって面白いものばかりです。今回紹介したおすすめをもとに、手帳を選んでみてくださいね!